上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
このところ2連シーソーの是非について質問が続いたので、考え方を整理してみます。

質問内容は主として下記の2点です。

①2連シーソーの板と板との間隔は、何cm以上必要ですか?

②上記が守れていない場合、いつまでに処置が必要ですか?

結論としては、「2連シーソーは、危険性のある遊具なので、なるべく早期の対策が必要」です。

現行の基準では、「2連シーソーは禁止」と書いてないのですが、遊具ごとに個別の「安全領域」を確保することが示されています。

基準値を守るなら、2連シーソーの板と板との間隔は、板が斜めになったときの最大高さが60cm以下の場合は1.5m以上、最大高さが60cmを超える場合は2.7m以上です。

seesaw


実用的な数値ではありません。

結果として2連シーソーは基準上、成立し難いものとなっています。

改修については、「遊具の安全が確保されるよう適切な対策を講ずるものとする。」とありますが、「いつまでに」と言う指示はありません。

ここで引用した基準とは、国土交通省の「指針」と、遊具メーカー団体の「規準」です。

公的な基準としては、2008年8月に国土交通省から「都市公園における遊具の安全確保に関する指針(改訂版)」が発表されており、これが我が国唯一の公的基準です。

同指針の中で紹介されているJPFA-S:2008という基準は、遊具メーカー団体である日本公園施設業協会が発行している規準です。海外の基準などを研究し、さらに遊具メーカーならではのノウハウで作り上げられた非常によくできた基準です。

国交省からは「指針」として通知されており、守らなかった場合の罰則規定はなく、また残念ながら法律ではないので、法的拘束力がありません。民間団体の規準についても同様です。

但し、都市公園法施行令第7条で「公園施設は、安全上及び衛生上必要な構造を有するものとしなければならない。」とあり、危険を承知で放置すると、この法律に抵触します。

また、遊具事故が発生した場合には、管理責任を問われます。

自治体が管理する公園であれば担当課職員が、幼稚園であれば園長先生が、団地内の遊具であれば管理組合理事長が、安全管理についての責任を追及される可能性があります。

対応策としては、定期的な遊具の点検を実施し、「危険度の判定」に基づき修繕計画を立て、その危険度の優先順位に沿って、予算が確保された順番に修繕を実施して行くことが望まれます。

このときに重要なのが「危険度の判定に基づく修繕計画」であり、必ずしも「劣化度の判定」だけではないと言うことです。

劣化に対応した修繕は、現況復旧なので判りやすいのですが、基準を満たすための修繕、つまり「改良」は、基準を正しく理解していないと難しい作業になります。

シーソーやブランコ、回転ジャングルジム、古くは箱ブランコや遊動円木、回旋塔など、動きを伴う遊具は、死亡事故や指の切断、骨折などの大事故に繋がりやすいので、修繕は最優先です。

2連シーソーの具体的な対策としては、2連ある板の片側を撤去して、残る板を梁の中央に移設する方法などがありますが、出来るかどうかは構造や老朽度にもよります。

実際に、対象となるシーソーの状況を見て、最善の改良方法を検討する必要があります。

スポンサーサイト
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
2010.07.25 Sun l 遊具事故 l コメント (1) トラックバック (0) l top

コメント

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011.10.18 Tue l . l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://playequipment.blog75.fc2.com/tb.php/27-297e4913
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。