上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
ある保育所で「子どもがブランコチェーンに指を挟み込んで困る」との相談を受けました。

チェーンはロックチェーンで、フシの部分に布などを巻き付けて、挟み込み防止対策を施されていました。

職員の方々の工夫と手作りです。

swing chains01

点検したところ、吊り金具の回転軸が厚塗り塗装で固着しており、チェーンの摩耗、座板の劣化も著しいと判断し、揺動部交換を市役所へ提案して了解を得ました。

pivot_point

交換となっても、保育所の所長さんは、チェーンの指挟み込みを心配されていました。

リングチェーンのコマの隙間がくびれているグリップチェーンであれば、指を挟みにくいのですが、残念ながら予算オーバーです。

そこで、通常のリングチェーンにロープを編み込む方法を提案してみました。

swing_chains03

ロープの素材は、なるべく軽く、水を吸いにくく、耐候性があるものを選定した結果、ポリエチレンロープを採用しました。

チェーンの隙間は約11mm。

直径9mmのロープで編んでみたら、隙間は無くなるのですが、全体的にやや太くなってしまい、幼児の手では握りにくいようです。

直径6mmのロープに代えて編んで、隙間は5mm程度。

これならチェーンの隙間に指を挟むことはなく、握り心地も悪くないはずです。

swing_chains02
swing_chains04


果たして子どもたちは喜んでくれるのでしょうか。

いや、指を挟まなければ良いのです。
スポンサーサイト
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
2011.04.12 Tue l 遊具事故 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://playequipment.blog75.fc2.com/tb.php/29-83c49d4a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。