上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
遊具点検のポイント、第二弾です。



公園には様々な危険が潜んでいます。

遊具点検で大切なことは、
「全ての危険を取り除いてはいけない」
ということです。

遊具の持つ「危険」を、「リスク」と「ハザード」に分けて見極める必要があります。

「都市公園における遊具の安全確保に関する指針(平成20年8月/国土交通省)」では、
「子どもの遊びにおける危険性と事故」と題して、リスクとハザードについて
以下のように定義しています。

リスク:事故の回避能力を育む危険性あるいは子どもが判断可能な危険性。遊びの価値のひとつ。
ハザード:事故につながる危険性あるいは子どもが判断不可能な危険性。



リスク、ハザードともに日本語訳は「危険」となります。

しかし、リスクは遊具に必要な要素としての危険です。

一方、ハザードは遊具から取り除かなければならない危険です。

例えば、乗っていたブランコのチェーンが突然切れて落ちるのは、ハザードです。



「うんてい」は、必ず落っこちる遊具です。

うんてい、雲のハシゴと書いて「雲梯」です。

ハシゴ状の握り棒が支柱の上に配置してあり、ぶら下がって遊ぶ遊具です。

子どもたちは、うんていの端から端までぶら下がって渡りきろうと、果敢にチャレンジします。

ところが、うんてい初心者は必ず途中で落っこちてしまいます。

もしかしたら、落ちたときに運悪く捻挫するかも知れません。

しかし、自分で「落ちるかも知れない」と思っているので、重いケガを負うことはほとんどありません。

それよりも、この「落ちる」という危険こそが、うんていの価値です。



遊具の危険を取り除こうとして、「落ちないうんてい」「誰もが手の届くうんてい」に
改造してしまうと、うんていの価値がなくなります。

うんていは落っこちてこそ、価値があります。

これをリスクと呼びます。

もちろん、ぶら下がっていた握り棒が突然折れて落っこちる、
これはハザードであり、あってはならないことです。



「リスク」と「ハザード」の関係は、理解して頂けたでしょうか。

詳しくお知りになりたい方は、
「都市公園における遊具の安全確保」と、検索して下さい。

1.子どもの遊びにおける危険性と事故
というPDFで説明されています。
スポンサーサイト
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
2008.12.30 Tue l 遊具事故 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://playequipment.blog75.fc2.com/tb.php/8-ba0715ff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。